ログイン 新規登録
 
会員登録 | ログイン | 買い物かご | サポートセンター
     
鉄道風景ジオラマ            完成品&受注生産品  
情景模型完成品  
車模型ジオラマ  
ジオラマハーフ  
オリジナルD素材  
草三昧シリーズ  
土三昧シリーズ  
小枝三昧シリーズ  
ジオラマ素材・在庫処分セール  
 
     
ジオラマ騒々ライフ  
 
     
      お問合せ先:【info@diorama-online.com】にて対応させて頂きます。  
 
    メールはこちら
 
 
2018年 12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
今日
休日:月・金(*その他:12/12) 24時間ご注文可能です。ただし、メール対応および発送業務はお休みさせていただきます。  

     
    当工房オリジナル草素材、よろしければ、ぜひ、お試しください!

    
草三昧リアルにニューカラー登場♪
    
*新発売:ライトグリーン・グリーン・グリーン4色セット・枯れ草2色セット
    下の画像をクリックしますと商品ページに移動します。
       
     


     ★草三昧、商品入れ替え予定につき、在庫数のみ40%OFFにて販売中!
      (*40%OFFの表示がある商品のみとなります)


     ■草三昧リニューアル仕様、販売開始いたしました→グラデーショングリーンへ

     ■圧倒的にミクロな草素材1/200から使えます!→草三昧ミクロ商品ページへ
      
     ■新発売!チャコールグレーな地面表現素材→
土三昧ミクロ商品ページへ

     
TOMIX 3078 複線架線柱・鉄骨型など、特別激安セール中!
       
トミーテック 建物コレクション 集合住宅C【木造長屋】1,500円→750円《税別》
        びっくり価格45%・50%OFF!

         

   ミニジオラマを作ろう!(1)工程1〜工程6

    ジオラマ製作において、地面の作り方というのは多種多様な方法がありますが
    どのような地面を作るか?また、どのような雰囲気で表現するのかは使用する素材
    色合い、ディテール(形状)の付け方などに大きく左右されます。

    ただし、これらは、様々な製作経験を積む事で微妙なニュアンスの違いを感じること
    が自然と出来るようになりますので、まずは、深く考えずに実際にやってみることが
    上達への近道だと思います。

    で、今回は、どんな作品を作ろうかなと悩みましたが、ジオラマ製作が初めての方で
    も比較的、簡単に作ることができて、そして、のんびりとした和やかな情景という当店
    メインコンセプトのもと、田舎の農家の風景を製作していきたいと思います。
    ジオラマタイトルは『田舎の一人暮らし』・・・です。

    「寂しいですねっ」あるいは、「一度やってみたいなぁ!」と思うかは皆さんいろんな意見
    があると思いますが(笑)、皆さんもせっかく作ったジオラマにはタイトルを付けて末永く
    大切にして下さいね。


    ■完成写真
    上記の写真は『田舎の一人暮らし』の完成品の姿です。
    農家として使用しているのはリーズナブルで高い表現力を誇るトミーテックから発売
    の建物コレクション『A2わらぶき農家』です。

    ジオラマ内には農家の庭で野菜作りを楽しみながら、ひっそりと暮らす主人公、にぎ
    やかに話しながら近づいて来る学校帰りのやんちゃな子供達、そして、通行人を取り
    付けて動きのある様子を表現。

    ちょろちょろと流れる小川がジオラマ全体の雰囲気を趣きある風景にしています。
    尚、ここでは省略致しますが、山並みなどの写真や印刷物を背景にすることで更に
    臨場感はアップすることでしょう。型にはまらず、いろいろ試してみてください。
    思わぬ発見があるかもしれませんよ。


    では、やっていきましょう!
     
    ○製作に必要な道具
    カッター・定規(鉄製)・金づち・手ノミ・のこぎり・塗装用容器・ハケ
    紙やすり(400番・1000番など)
      *家にある常備品やお近くの100円均一ショップ・ホームセンターなどで入手

    ●工程1 レイアウトの決定
    土素材の固着に入る前にレイアウトを決めてしまいましょう。
    今回使用するのは、画材店などで入手しやすいB5版の木製パネルです。

    サイズは、25.7センチ×18.2センチ、大きさも手頃で1/150スケールでちょっとした
    情景を製作するにはとても最適です。
    価格は販売しているお店にもよりますが1個 およそ500円ぐらいです


    ●工程2 農家の固定
    まずは、B5パネルに合成ゴム系の接着剤で農家を固定します。
    こんな感じです(下記写真参照)。皆さんは農家のベース板のみ接着して下さい。
    写真ではイメージが伝わるよう建物が付いていますが実際にはストラクチャーベース
    にストラクチャーをはめ込む脚の部分は避けて接着剤を付け接着します。
    そうすることで製作中に汚してしまうこともありません。


    ●工程3 小川となる部分を作る(1)

    次に小川になる部分を作ります。この工程は、農家のベースを接着する前に行っても
    構いません。パネル上部のベニヤ板はカッターでも切れますが枠材は手ノコとノミ
    金づちが必要になります。

    ベニヤ板をカッターで切るときはプラスチック製の定規を使用せずステンレスや鉄製
    のものを使用し力加減に十分注意してカットします。万一、無理そうでしたら小川にし
    ないで田舎道や草むらなどに変更するか、農家の固定の前にスタイロフォームや木材
    で川となる以外の場所を前もって、かさ上げしておくと良いでしょう。

    チャレンジする方は怪我をしないように開口を空けます。パネルの土台の枠木は
    両サイドをノコで切れ目を入れてから木目に沿ってノミを当て水平に落とします。
    一度で落とすのは慣れてから行ってください。

    小川となる部分を作る(2)
    では、今度は小川部分となる欠きこみにグリーンマックスの21-1石垣B
    を写真のような形状にして接着する。商品の全長よりも斜めの分だけ伸び
    があるので1枚では足りない。比較的良心的な価格なので2枚用意する。

    川底を15ミリ(もちろん変更可)に設定し裏側より軽くPカッター等で筋目を
    入れ、折り曲げる。切り離さず使用するのは、川底に埋まった石をそのま
    ま表現に使うためとこれから流し込んでいく水面表現素材を容易に出来る
    利点があるからです。まっすぐなディテールになるので単調ですが初めて
    製作される方には最も楽なやり方だと思います。
    川底以外の両サイドはリアルサンドの塗りこむ高さを3ミリほどみてカット
    してください



    小川となる部分を作る(3)

    この工程は石垣(川底の塗装)の前でも後でもいつでもOKです。
    リアルサンドのブラウン少量をペースト状にして川底のお好みの場所に盛って
    おきます。


    ■土素材リアルサンドを用意する
    工程4 リアルサンドのカラー決定・写真

   (1)リアルサンドは6色ありますのであらかじめどのような土色にしたいかを考え
    紙コップなどで配合しておきます。単色で使っても数色を混ぜてもあるいはアクリル
    絵の具を追加して微妙に色を変化させることも出来ます

    大体の配合が出来上がりましたら次にマットメディウムに混ぜていきましょう。
    ここでは、50gのマットメディウムにリアルサンドAF-04ブラウン(30g)・AF-06黄土色
    (20g)・AF-03ナチュラル(10g)を使用し素朴で温かみのある土を表現してみました。
    下記の写真のようになります。基本的には単色での使用も問題ありませんし、皆さん
    のお好みでも良いと思います。



    ●リアルサンド(モーリン)
    当店カテゴリーメニュー【こだわり地面素材>モーリン】にて販売中!
    ぜひ、お試し下さい!


    ●工程5 リアルサンドをペースト状に・写真

    (2) まずは、紙コップにマットメディウムとリアルサンドを上記のレシピで入れて
    よく混ぜ合わせます。下記に使用容量による塗付け面積を表示しておきますので
    今後の参考にして下さい。途中で足りなくなったら追加して作れば良いのです。
    また湿らせたティッシュ等で紙コップの入り口を覆っていれば1日ぐらいは硬化しな
    いで保存出来ます。(冬季のみ)


   ●工程6 リアルサンドペーストを塗っていく

    (3) 次にヘラなどを使って塗り込みます。小川よりも左側は平らに近い感じで
    道となる部分は気持ち低く塗ります(*A)、農家の右側角部は多少の高低差を
    設けてみます。(*B)

    そうすることで自然な感じに仕上がりますのでおすすめです。
    パネルの廻りにマスキングテープを貼り、施工中に、万一、リアルサンドが垂れ
    て付いてしまった場合はしっかりと拭き取っておきましょう。
    【↓*A】


    ↓*B】


    次の工程 草素材の固着

    リアルサンドを塗付け終わりましたら次は、いよいよ草素材の固着です。

    ターフや当店の草三昧などパウダー系の素材は指でつまんでパラパラと蒔くほか
    茶こしで軽めに蒔きます。繊維系の草素材(グラスセレクション等)はピンセットで
    摘んで田植えのように土素材に差し込んでいきます。真っ直ぐに立つように植え込
    んだり寝かせ気味にしたりと単調にならないようにすることでより自然な情景に近づ
    きますのでおすすめです。
    この続きは、次のページ【ミニジオラマを作ろう 草素材編】で詳しくご紹介します。
    ぜひ、ご覧下さい。

    ■参考資料/入手しやすい画材パネルについて

    画材パネルはジオラマ製作のベースとしても使えます。ただし、今回の完成写真の
    ように枠となる木材を四辺に取り付ける場合は、今後、アクリルカバーを被せること
    も考慮して画材パネルの角をあらかじめ差し金で直角かどうかを見ておくのも大切
    です。万一、直角でない場合は直角になるよう削っておきます。
    では、下記に画材店やネットショップで入手できるパネルのサイズなどについて表に
    致しましたのでぜひ、ご参考にして下さい。

画材パネル名称 サイズ(単位 ) 価格
A1 841×594 約2,000円
A2 594×420 約1000円
A3 420×297 約700円
A4 297×210 約500円
B1 1030×728 約3,000円
B2 728×515 約1,700円
B3 515×364 約900円
B4 364×257 約500円
B5 257×182 約500円
*価格はあくまでも目安です。■太字のパネルサイズを今回、使用しています

木工ボンド水溶液の作り方 
●用意するもの
・木工ボンド(速乾タイプが使いやすい)・水(水道水)・台所用中性洗剤  
(*界面活性剤入りのもの→素材への浸透性を高めます。)

容器に木工ボンドを1に対し、水2〜3を入れ、完全に溶けるまでよく混ぜ合わせ
そこに中性洗剤を1〜2滴ほど入れ、今度は泡があまり立たないように軽く混ぜ
合わせます。泡がたくさん立ってしまった場合はしばらく時間を置いて泡を消し
てから使用します。 

         次の工程へ 2.ミニジオラマを作ってみよう(2)

                  心和めるこだわりのジオラマ専門店
                  ジオラマ・オンライン工房
               http://www.diorama-online.com/